ペットを飼う際に気を付けたい事|飼い方辞典

ペットロスに立ち直れない

ペットロスに立ち直れない

自分の子供の用にペットに接する飼い主さんは、とても多くいると思います。時には会話ができなくてもしゃべるかけることもあることでしょう。同じ時間に食事をとったり、お風呂に一緒にペットと入ることは珍しいことではないのかもしれません。

 

しかし、ペットの寿命は人間のそれとは身近ケースがほとんどです。そのためにペットの先立たれた悲しみのために、激しく気落ちしてしまう飼い主がいます。このことをペットロスと言います。

 

ペットロスの症状は、人それぞれですが、中には、犬の鳴き声を聞くだけで、買っていたペットのことを思い出すからつらいと考える人もいます。もちろん、ペットロス後にすぐに次のペットを購入する人もいます。

 

私も若い頃にペットを飼っていた時期があります。その頃は親と同居だったために、ペットの世話などは全く行ったことがありませんでした。私自身も独り立ちして数年たったころに、「飼っていたペットが亡くなった」との連絡を受けました。

 

自身の生活に全く関与していなかったペットの死も、その時の私にはとても悲しい出来事と感じました。毎日のようにペットと生活を共にしていた飼い主の方なら、私の悲しみなんかよりも、もっと大きな悲しみを味わうことでしょう。

 

ペットロスはペットを飼ううえでは避けては通ることのできない、悲しい出来事なのかもしれませんね。